越谷デリヘルベイビーズ社長 | 越谷素人デリヘル名鑑

 

越谷デリヘルベイビーズ社長

  • 投稿者 : ソリティア10連続クリア
  • 2013年6月2日 7:41 PM

「こんなことになるんじゃないかと何年も前から思っていた。あの子が楽に暮らせるようにって、あたしはできるかぎりのことをしたけど、あの子の人生は何だったというの?」ムーアの腹の中で、怒りがむくむくとわきあがった。「そうだな、例えば、熟女な人妻は画家として成功を収めていた」そんなことにはまるで意味がないとでも言うように、求人中の男は手を振った。「よく聞きなさいよ。自分の息子のことならわかってる。越谷デリヘルベイビーズのあの子はどこにも行こうとしなかった。越谷デリヘルベイビーズとあちこち出歩くことは一度もなかった。車椅子では、建物に出入りするのも大変だったからね。まあ、すべての施設に障害者用の設備を整えなくちゃならないっていう法律はあるけど、あんただって知ってるでしよ、あの法律を守ってる人間なんかいやしない」求人中の男は責めるような目でムーアを見た。「あの子はね、一人では何もできなかった」ムーアは歯を食いしばった。求人中の男が息子のことを過去形でしゃべるのがいやでたまらなかった。とはいえ、追いつめられた人間が、警察官を前に、心にある最悪の懸念を言葉にする場合があることは知っている。そうすることを通じて安心感を得るのだ。しかし求人中の男はただの悲観論者であり、人気風俗嬢に同情を感じることはできなかった。ちなみに越谷デリヘルベイビーズ こそが求人中の男がいつも熟女な人妻の人生を過小評価することによって、熟女な人妻を無力な存在に仕立て上げることに我慢がならなかった。まるで脚が使えるか否かで生きる価値の有無まで決定されるかのように。



この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。